2017 01123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 03






裁判応援ありがとうございました

かねてより応援頂いていた
「餌やり妨害事件」の裁判が
3/23(木)無事終わりました。



裁判所 
京都地裁にて




原告側勝訴との判決が下り
傍聴頂いていた方々からも
安堵の声があがりました。



判決内容は
被告は原告に対し損害賠償としての
金員を支払え。
至ってシンプルなものでした。



判決後、弁護士さんから


餌やりさんに対して
過剰な妨害をしたら
不法行為にあたり今回のように
損害賠償の対象になる



という説明を聞き全員超納得!(笑)



長い間、この裁判により
時間を拘束された
SさんMさんお疲様でした。


また、応援して頂いた
たくさんの同志にも
心よりお礼申しあげます
本当にありがとうございました。




一番、嬉しい事は
この判決により

一方的に
責められる事が多かった
餌やり行為に対して


過剰妨害する側にも
反対攻勢をかけられる
というきっかけができた事です。




対話を中心にして地域猫活動が
全国に広まる事を切に願います。




地域環境を整える事や
もちろん猫達の命を守る為に
これからも
TNR+M活動
胸を張って頑張りましょう!!!




ここからは業務連絡です
市会議員を訪問する日時が決まりました。
3/31(金)14:00からの予定です
たくさんのご参加お願いします。



訪問にあたりご要望、ご意見があれば
3/28(火)18:00より
ミーティング予定です。
ぜひこの日もご参加頂き
ご意見よろしくお願いします。


場所等詳細はMさんが窓口なので
Mさんに連絡してお聞きください。
スポンサーサイト
[ 2017/03/24 ] 活動報告 | TB(-) | CM(0)

3月定期集会


3月定期集会報告

① ご相談、当会見学の件

3/11(土)16:00からの集会には
京都府下某所で
TNR+M活動をされている2名が
相談、見学を兼ね参加されました。
ご相談内容は
地域猫に対して理解の少ない
某現場での餌やり反対派からの
クレームに対する対応相談です。



某現場の猫達のTNRは
ほとんど完了されているようですが
その後のマネージメントが
しにくい現状があるようです。



当会も同じような現場で
活動されている方がいらっしゃるので


数名の会員様から

住民の理解を得る為の
チラシなどの作成の仕方

対話の場を持つ事の重要性

餌やり後の容器等の片づけの徹底等

適切なアドバイスがたくさん頂けました。


野良猫に対して
同じ思いを共有している者同士
猫を守るため頑張りましょうと
意思統一もでき
府下より参加の2名様からも
色々話が出来て
気持ちが少し軽くなったと
うれしい感想も頂きました。


② 伏見現場の件

2016年3月よりTNRを行ってきた
伏見の現場ですが

(冬場は猫のリリース管理上中止しています)


餌やりUさん以外にも同じ場所で
餌やりなどをして下さっている方が
居られるとの情報があり
3月末に代表と
伏見現場協力者数名で
今後についての
打ち合わせをする事が決まりました。
詳細は次の集会で報告があります。


③ 請願書、他の件

進行中の請願書も含めた
野良猫に関する
陳情のため今月最終週に
代表と有志とで
市会議員を訪問します。


請願内容は飼い猫に対しての
避妊・去勢手術の義務化のお願いと

京都市認定のまちねこ以外の
野良猫と地域猫への
助成金のお願いです。

※まちねこの避妊・去勢手術は
    無料で京都市が行っています


飼い猫の避妊・去勢手術義務化については
法律の壁があります。


この壁がある限り.
この案件は京都市としても
受理できない事は
重々承知の上での
請願です。


日本の法律上動物は
物として扱われます。


飼い猫は飼い主の
所有する物なので
飼い主には所有権があり


行政が条例などで
避妊・去勢手術を義務化する事は
今の法律では出来ません。


それは分かっています
分かってはいますが・・・(-.-)


私達ボランティアが
不幸な野良猫を増やさないために
TNRをどんなに進めても

飼い猫に避妊・去勢手術をせず
外出自由にしている
飼い主さんが居る限り
野良猫は無くなりません。

飼い猫の遺棄や

飼い猫が産んだ子猫の

保健所への持ち込みも後を絶ちません

飼い主さんには責任ある飼い方を切望します。





法律を変えるには
大きな力が必要ですが
この陳情は法律を変えるまでの
最初の1歩と捉え
野良猫や一部飼い猫の実情を
市民代表である議員さんに聞いて頂き
野良猫への理解を
深めて頂ければと思っています。


④ 年会費の件

2016年3月の集会で
年会費3000円を
徴収する事が決まりましたが

この1年その会費を
支出することがなく
会員様43名分は全て
キープさせて頂いています。


その会費の使用用途が
当面ないものと判断したので
年会費3000円は廃止します。


会費は廃止しましたが
年会費に変わり
新入会者様からは初回のみ
入会金3000円を
お願いする事となりました。


なおキープしている会費は
必要があれば
使用させて頂き会計報告します。


次回の集会は5月を予定していますが
変更する場合もあります。

[ 2017/03/14 ] 活動報告 | TB(-) | CM(0)

餌やり妨害裁判2


まずは業務連絡です

3月11日(土)16:00~約2時間程
エルイン京都「舞」にて定期集会があります。
ご意見、ご相談・ご要望などありましたらご用意下さい。



3月2日(木)京都地裁11:00より
「餌やり妨害事件」の
第2回口頭弁論が行われました。
今回もお忙しい中
たくさんの方に傍聴、応援頂きました。
心より感謝致します。

ありがとうございましたm(__)m


前回同様、被告席は空席でした。
地裁に連絡なども無いとの事でした。



一般論として民事訴訟においては
被告が欠席すると擬制自白により
原告勝訴の判決となります。

※太字文はブリタニカ国際大百科事典 の
記述の一部を掲載しています。



今回も被告欠席と云う事で
欠席判決が確定しました。

判決は3月23日(木)に言い渡される予定です。



閉廷後弁護士会館にて
U弁護士、Y弁護士も参加されての
ミーティングもありました。



話合いの中、Sさんから
こんな掲示物が提示されました。

ポスター 

  
ペラペラの紙ではありませんよぅ。
厚さ5ミリはあるんじゃないですかぁ。
一番上には掲示しやすいように
端っこに穴が2ケあけてありますよぅ。
完全防水仕様で雨にも風にも負けません。
至れり尽くせりの優れものですよぉ。
但し、内容はいかがなものでしょう。。。





動物愛護センター、または
もよりの区役所に 山ほど あるそうで
希望すれば誰でも何枚でも頂けるそうです。




何処に貼るのか、
なぜ必要なのか等の質問は一切なく
住所と名前さえ記入すれば
もれなく頂けます。





動物とより良い形で共生するため
ボランティアさん達は骨身惜しまず
365日活動しています。
京都市行政がその活動に足かせをはめるような
事がないようしっかりと注視していかなくては。。。。。。

[ 2017/03/03 ] 活動報告 | TB(-) | CM(2)

野良猫問題

猫好きな人、猫嫌いな人
野良猫に対しての意見には
お互いに言い分があり
双方とも譲れない思いがある。


それでも野良猫を減らしたいという思いは


同じ。



今、控訴中の餌やり妨害裁判の原告Sさんは
一住民の不適切な餌やり行為により
増えてしまった野良猫をなんとかしようと
何年にも渡りTNR+M活動して下さっている方です。




裁判8





よく耳にする地域猫活動とは
地域住民の合意のもと、
地域の野良猫に不妊手術などの
繁殖抑制の措置をとり、
そのうえで地域住民が協力して
適切に面倒をみていく活動です。




この活動は
地域住民の理解があれば
なにも問題はないのですが
合意を得られない、
もしくは反対される方がいる場合
活動が進みにくいのが現状です。





京都市が制定した
「京都市動物との共生に向けた
マナー等に関する条例」を



猫嫌いな方が拡大解釈し
条例を武器に
苦情の勢いを倍加させた場合




警察も行政も
活動している方に対してだけ
活動に反対している地域住民の
理解を得るように。を繰り返します。




今回の裁判は
被告の傍若無人な振る舞いは
棚の上に置き
野良猫を減らす為の
活動をしている原告にだけ
非を押し付けた
N警察の初動判断のミスから
始まりました。





N警察にはSさん側は
申し入れ書を
2016年7月に提出済ですが
回答は今もありません。




その間もSさんや弁護士さんなどが
京都地検や京都府警に足を運び
警察は条例を正しく理解して
現場対応してほしいと
切実な思いを伝えています。




猫が好き、猫が嫌いなどの
感情論ではなく
環境問題と捉えて
地域住民一体となり
野良猫問題を話し合わなければ
この問題は平行線をたどります。



片方だけの努力では
野良猫を減らす事は出来ません。
その為にも
行政、警察の平等で適切な対応を望みます。

[ 2017/01/27 ] 地域猫活動 | TB(-) | CM(5)

餌やり妨害裁判のご報告

1/12(木)11:00地裁で行われた
餌やり妨害事件の傍聴席には
京都府下はもとより
他府県からも
Sさんを応援するため集まって下さった
有志が23~25名。

本当にありがたい。感謝します。m(__)m


かたや被告側は・・・・
なんと某被告は訴状を受け取ってはいるものの


答弁書なども未提出で
裁判も欠席。(@_@;)



某被告、欠席判決になりますよ
いいんですね!?




第一回口頭弁論は約30分ほどで終了。


第二回口頭弁論は3/2(木)11:00の予定です。



証拠書類や証拠説明書などSさん側はすでに提出済の為
次回で結審となり判決が下りると思われます。



Sさんの現場で起きた
某被告によるこの事件は


当初、(今も)行政、



N警察、←ポチッとすると申し入れ書にリンクします



一部町内会役員が

某被告の妨害行為を擁護、あるいは利用して
Sさん達が地域猫活動を続ける事が困難な状況に
追い込んでいました。





ありがと



しっかりとした活動を妨害、阻止されない為にも
今回の裁判の結果は重要です






皆様の応援、
引き続きよろしくお願い致します。
[ 2017/01/17 ] 活動報告 | TB(-) | CM(4)