FC2ブログ

2016 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312016 04





TNR


当会の会員さんは大多数が
個人でTNR活動をされ
(手術等にかかる費用は全て自己負担です)






T・・・Trap:トラップ 捕獲器などで野良猫をつかまえて
N・・・Neuter:ニューター 不妊・去勢手術をして 
R・・・Return:リターン 元の場所に戻す 






適切な餌やり方法で
地域や各々の現場の猫達を
最後まで見守る活動を
長い間続けて下さっています


それでも当会の目的に
賛同して下さって
いつも皆、忙しい時間を割いて
集会等へ参加して下さいます。



そんな中、2015年11月に
不適切な餌やり方法により
野良猫が増えてしまった
2つの現場の情報が
当会に入りました。




2016年3月12日の定例集会では
会として当面は現場での
アクションはおこさない事が決まりましたが




この2つの現場は
この案件が決まる前に会として
受け止めた場所でした。



代表はじめ有志もこの現場に足を運び
餌やり方法
TNRの必要性
地域住民様の理解などを
現場当事者さんと
何度も話し合いました。




それでもやはり
一人の餌やりさんで数十匹の野良猫の
TNRを完了する事は現実的に難しいものです。



当時、当会として何が出来るのかとの代表の問いかけに
「猫を助けましょう」との声が有志からあがりました。



最初にも書きましたが当会の会員さんは
自分のかかえている猫達は全て自己完結で
命を守り増やさない活動をされています。
皆、責任と自覚を持っての活動です。
ですから今回の事例は会員さんにとっては
猫の為とはいえ
大きな負担となる現場でした。

結論から言えば
2つの現場のうちの1つ
伏見区深草の現場でのTNRは
有志の協力で進んでいます

40匹居る野良猫のうち
18匹は手術が無事終わりました。


   ゆ1 

     ゆ2 

  ゆ3 

     ゆ4  


 ゆ5

      ゆ6

  ゆ7

      ゆ8

  ゆ9

     ゆ10

 ゆ11

    ゆ12

 ゆ13

    ゆ14

  ゆ15

     ゆ16

  ゆ17

     ゆ18
   
     
      
上、写真の18匹の猫のうち16匹は
もとの現場にリターン完了しました
残り2匹は里親様決定!家猫修業中です(*^_^*)

 

3月末にもまた有志で現場に入り
TNRを継続します。
そしてTNR完了後も
猫達の命を守る活動は続きます。






適切な方法であっても
餌だけを与えていれば必ず猫は増え続けます。



猫はテリトリーを持って生活するため
既存の群れに住む野良猫に
避妊去勢手術を施せば
他の猫の流入を防ぐ為
最も効果的に数の安定化が図れます。



更に避妊去勢をすることにより
スプレー行為など人間にとって不快な行動も減り
猫達の病気のリスクも減るのです。


当会は不幸せな猫が減るための活動を
これからも続けますが
餌やりだけを続けてその他の手を何も打たなければ
不幸な猫は減らないという事とTNR活動の周知などの
啓蒙活動も広めていかなければならないと
今回の現場に介入して痛感しました。




野良猫達には何の罪もありません
会としては野良猫たちが少しでも快適に暮らせるよう
考え、実行していこうと思いますので
応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト
[ 2016/03/20 ] 活動報告 | TB(-) | CM(1)

集会報告

3/12(土)15:00より
ココン烏丸・K620での
定例集会の報告です。


集会の協議内容は

①京都市動物との共生に向けた
マナー等に関する条例
の改定を求める請願書の
請願内容について



②NPO動物愛護を考えるKyotoとしての
現場との関わり方について



③年会費について



④その他



以上について約2時間にわたり
話合いを行いました。



①については
公共の場でのマナーを守った餌やりを
認めて頂けるよう
請願することで意見一致しました。





②については
当面、会としては避妊去勢に
関わる現場でのアクションはおこさない
但し不妊手術に向けての
情報開示や手続き等の
アドバイスなどは今まで通り
行いますし協力できることはさせて頂きます。




③については
この度の請願書作成にあたり
事務手続き等で出費が見込まれるため
会員様から年会費3000円を
頂く事が決まりました。
会費の使用用途につきましては
会計報告を予定しています。


※会員になられたら
   個別の困り事や相談を
 会員で共有し、話し合い、
    良い解決策を模倣します
 情報交換をし必要であれば
    行政に働きかけます。





④について
集会、参加者全員
規模や形は違えどTNRに深くかかわり
地道な活動を続けている方ばかりでしたので
行政はまちねこだけを助成するのではなく
地域猫や野良猫の避妊去勢に関わる
費用の助成もすべきだとの声が
たくさん発せられました。


集会1 

可愛い、可愛い野良猫さん 



私達は野良猫が増えないよう
個人ボランティアでTNRや
TNR終了後の猫達を
一代猫として見守る為の
適切な餌やりをしています



集会2 

可愛い、可愛い地域猫さん 





飢えた野良猫が町を徘徊し
ゴミ等を漁らないよう
環境にも配慮し活動しています




猫と共生をしていくうえでは
餌やり賛成派、反対派の
相互の歩み寄りが絶対に必要です。


集会3 

可愛い、可愛い我が家の大福さん 





家猫も、まちねこも、
地域猫も、野良猫も
命の重さは同じです。


動物愛護も踏まえ命に対して優しい
条例に変えていく努力を続ける事を確認し
2時間の集会は終了しました。


[ 2016/03/13 ] 活動報告 | TB(-) | CM(3)