FC2ブログ

2017 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 01





動物愛護法改正に向けて

動物虐待で有罪判決が下された大矢誠。


有罪とはいえ執行猶予が付き
実刑を免れた為



ネットなどでは
刑が軽すぎるなどの批判が殺到しています。




法の壁、今の動物愛護法ゆえの限界、が
その理由のなのでしょうか。




そうならば
悔しいし憤りも感じますが
これが現実と受け止めるしかありません。




けれどその悔しさを力に変え
2018年動物愛護法改正に向けて
出来る事をしていきましょう。



改正





動物達の命の尊厳が
軽んじられている今
動物が殺され虐待されても
加害者の罪を正当に裁けない
今の法は
絶対に変えていかねばなりません。




浅田美代子さんも

http://miyokoasada.com/


署名活動を始められています。




天寿を穏やかに全うする権利を
動物達に勝ち取りたい
皆様のご協力よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
[ 2017/12/19 ] 他、ボランティア活動 | TB(-) | CM(0)

定期集会毎度のご報告

4年の執行猶予付きではありますが
愛護法違反の罪に問われた
元税理士、大矢誠被告人に対して
懲役1年10月の有罪判決が
言い渡されました。



この結果は
情報のSNS拡散でたくさんの方々が
抗議や署名に協力して下さったから。



動物愛護に関しては他国より
1歩も2歩も遅れている日本ですが
流れは少しづつ変わってきているのかも


島根県もガル君の理不尽で辛い死を教訓に

←をポチっと
   ガル君の記事にリンクします

収容されている犬猫の譲渡対象を
拡大する方向で
やっと 役所が動いています。

他の県も後に続いてくれる事を願います。


私達も野良猫を減らすための
人道的な解決策を今も模索し


色々な方法で
アクションなども
起こしていますが
障害がありすぎて
中々前に進めないでいます。



それでもあきらめず
請願書提出に向けては
時期を考えながら
弁護士とも相談しつつ
牛歩ですが歩んでいます。




野良猫問題の
大きな要因の一つは
飼い猫の飼い主の未熟さです。


ボランティアさんが
いくら野良猫をTNRしても


とら 
 
3年粘ってやっと捕獲に成功したトラ君
おかまになりました。




飼い猫が産んだ
子猫が捨てられたり


未去勢の♂猫が
外に放たれたり


最悪は
身ごもった飼い猫を捨てるなど



一つの水道の蛇口を閉めようと
いくら私達が努力しても
次の蛇口が全開になるのです



京都市条例では
野良猫への餌やりさんに対して
かなり細かいルールを課しています。

ルール違反と認められれば
課金もあります。

それならば未熟な飼い方をしている
家猫の飼い主さんにも
なんらかのルールと規制を課すことも
必要なのでは・・・

などなどを
12月9日の定期集会で話合いました。

※ 16:30より
  看板猫銀ちゃんが居る
  「白い花」にて

  18:00より 
  中華料理「雄」にて


またプールしている
会費の使用用途についても
会としての
捕獲器購入はどうかなどの
ご意見を頂きました。




この件に関しましては
管理場所や
貸し出す場合の諸条件などが
精査できていない為
保留となっています。


最後は会名に
「NPO」をつけている
メリット:デメリットに
ついての討論(汗)

法人でもないのに必要か

でもうちは非営利団体でしょ

社会貢献敵なイメージかな

その他様々なご意見飛び交い
このままにするのか
NPOは省くのかは
次回に持ち越しとなりました。m(__)m

定期集会は2ケ月に1度
第2土曜を予定しています

次回は2月10日予定。
メールにてご案内致します


[ 2017/12/12 ] 活動報告 | TB(-) | CM(0)