FC2ブログ

2018 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 02





動物愛護行政


京都、今日は朝から雪でした。


地球温暖化は
気候の変化による環境破壊
大災害の誘発など
悪影響があるのは重々承知で・・・・イッチャウ




暖冬により野良猫さん達の
きびしい冬の寒さが
少しでも和らぐなら
私的にはアリ(滝汗)


S現場またしても
行政指導入りました。




指導内容は毎回ほぼ同じ。
(今回もNさんボイスレコーダーで記録済)



ここで餌やりをしてはダメです。

餌やりしたいのであれば
地域住民のご理解を得て下さい。

地域住民から苦情が出ている限り
行政としては対応せざるを得ない。

本音は来たくはないんです(ないんかい!)

Nさんがルールに沿った餌やりをされて
いる事は知っています。(知ってるのか~い!)

それでもここではダメなんです。


一応SNS対応として
今までS現場と明記してきましたが
S現場は公園です。



公園のすぐ前にはアーケードを誇る
某商店街があり



位置的にも京都のど真ん中
住宅や店舗が密集している地域です。




S現場で適正管理活動をされている
Nさん以外にも
S現場周辺で
隠れて餌やりをされている方が
居ます(隠密なので数は把握困難)



早い話
Nさんがどんなに頑張ってTNRしても
環境上野良猫は減りにくい所です
※Nさんの頑張りで増えてはいません!



そのS公園には
こんな看板が5ケ所に
設置されています。

かんばん1 

かんばん3 (2) 


かんばん2 

かんばん3 (1) 


かんばん5 


街中の公園ですから
それほど大きくはない公園に
「猫に餌を与えないで下さい」と書かれた
大きな看板が5ケ所も設置してある光景は
かなり異様な感じがします。


公園には市民の
ボランティアから成る
公園愛護協力会なるものが
存在するそうです。


※公園愛護協力会にお願いしている作業内容は?

(1)概ね月1回以上の清掃及び年1回以上の除草作業
(2)公園設備(照明灯・飲用水栓・トイレ・遊具等の不具合)
及び樹木(枯木撤去・枝折切除等)に関する点検と連絡作業
(3)公園の正しい利用の指導及び公園の美化啓発等


どうもS公園の公園愛護協力会会長の
Oさんが筋金入りの猫嫌いさんのようで
(猫を見ると竹ぼうきを振り上げ追いかけたり
 冬は猫に向かって水をかけたり、ボランティア設置の
 猫用の水飲みバケツに穴をあけたり砂をつめたりする方)
  ↑聞いた情報なので正確ではないかもしれませんm(__)m



公園での餌やりにより
公園が不衛生になり
砂場等での糞尿被害が生じていると
再三管理事務所にクレームを入れて
指導に来いと要請している方が
このOさんのようです。




もちろん5ケ所に設置されている
餌やり禁止看板もこのOさんの
ご要望により
すわっと
迅速に設置されました。



そして隣接する商店街も

※Oさん実はここのメンバーでもあります。

公園での猫への餌やりは反対との事で
公園での餌やりは禁止でしょ!と
何回もNさんに対し抗議しています。



ようするに
行政はこのOさん達の
理解を得られれば
Nさんの公園での
適正管理活動は可能ですよ
早くご理解を得て下さい
と何回も指導に来ているのです。



はい!皆さん
もうお気づきですね。


理解を得られにくい
理由のひとつとして
この看板があります。


この看板には
法的拘束力はありません。


もしあるのなら今まで
給餌活動が
続けられた訳がありません。


拘束力もない
餌をあげないでくださいの
看板がある事により


Oさん達はNさんが
違反行為を続けているという
誤った認識を持ち


Oさんの方が
間違った行動を
とっているにも関わらず
自分達は正しいと
信じてしまっています。
しかも行政は自分達に味方している
と感じてもいらっしゃるでしょう。


行政は安易に
餌やり禁止看板を設置するのを
止めるべきです。


ここの公園管理事務所には
看板撤去をお願いしましたが
所長権限で付近住民を考慮して
建てた看板なので
今撤去する意思はないと言われ
そのまま。(涙)



浅はかな・・・
とは思いますが
これが京都の現状です。



餌やりを禁止する法律はありません。
クレームがきたからといって
すぐさまはい、わかりました。と
このような対応を行政がとったなら
地域猫活動やまちねこ活動が
スムーズにいく訳がありません。




優柔不断で勉強不足の行政が
ボランティアの邪魔をしているのです。



行政は間違った事は言っていませんと
必ずおっしゃいます。

でもね、
間違った事をしています!


京都市が
本気で野良猫問題と
取り組む気があるのなら
行政職員全員に対し
動物愛護に関する
正しい再教育を
お願いしたい。


お願いしか方法がないのか!
なまぬるい!と
現場で奔走する
ボランティアさんからの
お声が聞こえてきそうですが
何か良い方法があるのなら
ほんま、教えて頂きたい。


それほど
京都の動物愛護管理行政は
レベル低いです。

スポンサーサイト
[ 2019/01/26 ] 活動報告 | TB(-) | CM(-)

1月集会報告

2019年始まりましたネ
今年も猫達の為
猪突猛進、たまには(汗)熟慮断行しつつ
頑張って行きましょう。m(__)m



いのしし


1月集会のご報告です。


年初めと云う事もあり
1月集会は新年会も兼ねての
ランチを頂きながらの
楽しい集会となりました。




代表発案の空くじ無しの
くじ引き大会も


すてきな景品満載で
参加メンバーさんも
やや興奮気味。




お帰りの際の
お荷物が増えてしまいましたが
皆様に喜んで頂けたようでした。



もちろんメンバーさん同士の
活動に関しての
情報交換などもあり


協力できる事はお互い
協働していきましょうと
嬉し頼もしい
確認も出来ました。



2019年も


各々の現場での
地域猫活動や
啓発活動



餌やり禁止条例の廃案
または改正にむけての活動
※京都市動物との共生に向けたマナー等に関する条例とも言う



動愛法改正に向けての学習など



メンバーさん一丸となり
不幸な猫を(動物)無くす為の
活動を継続していきましょう。


次回集会は3月、
第2土曜を予定しています。
詳細はメールにて発信させて頂きます。


行政への陳情など
集会以外にも
参加をお願いする場合が
あるかもしれません。
その都度ご連絡させて頂きますので
ご協力どうかよろしくお願いします。

[ 2019/01/13 ] 活動報告 | TB(-) | CM(-)