FC2ブログ

2019 031234567891011121314151617181920212223242526272829302019 05





野良猫問題

猫好きな人、猫嫌いな人
野良猫に対しての意見には
お互いに言い分があり
双方とも譲れない思いがある。


それでも野良猫を減らしたいという思いは


同じ。



今、控訴中の餌やり妨害裁判の原告Sさんは
一住民の不適切な餌やり行為により
増えてしまった野良猫をなんとかしようと
何年にも渡りTNR+M活動して下さっている方です。




裁判8





よく耳にする地域猫活動とは
地域住民の合意のもと、
地域の野良猫に不妊手術などの
繁殖抑制の措置をとり、
そのうえで地域住民が協力して
適切に面倒をみていく活動です。




この活動は
地域住民の理解があれば
なにも問題はないのですが
合意を得られない、
もしくは反対される方がいる場合
活動が進みにくいのが現状です。





京都市が制定した
「京都市動物との共生に向けた
マナー等に関する条例」を



猫嫌いな方が拡大解釈し
条例を武器に
苦情の勢いを倍加させた場合




警察も行政も
活動している方に対してだけ
活動に反対している地域住民の
理解を得るように。を繰り返します。




今回の裁判は
被告の傍若無人な振る舞いは
棚の上に置き
野良猫を減らす為の
活動をしている原告にだけ
非を押し付けた
N警察の初動判断のミスから
始まりました。





N警察にはSさん側は
申し入れ書を
2016年7月に提出済ですが
回答は今もありません。




その間もSさんや弁護士さんなどが
京都地検や京都府警に足を運び
警察は条例を正しく理解して
現場対応してほしいと
切実な思いを伝えています。




猫が好き、猫が嫌いなどの
感情論ではなく
環境問題と捉えて
地域住民一体となり
野良猫問題を話し合わなければ
この問題は平行線をたどります。



片方だけの努力では
野良猫を減らす事は出来ません。
その為にも
行政、警察の平等で適切な対応を望みます。

スポンサーサイト
[ 2017/01/27 ] 地域猫活動 | TB(-) | CM(5)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/01/27 16:42 ] [ 編集 ]

鍵コメO様

おっしゃる通り警察も行政も動物愛護に詳しい
その道専門の職員を養成すべきです。
野良猫問題などでトラブったら間に入り
公平な対応と動物愛護や条例などの
知識のない方に対して
充分な説明などをして頂けたら
険悪な事になる前に
前向きに解決できる事もあると思います。
当事者に丸投げではなにも解決しませんし
せっかくの条例が悪用されてしまう事もあります。
応援して下さってありがとう
とても心強いです。
[ 2017/01/27 17:44 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/02/02 23:17 ] [ 編集 ]

鍵コメN様

拡散よろしくお願いします。
ほんまにあきれてものが言えません。
最後はきっちりとした回答をN警察から
頂かなくてなりません。
そのためにも裁判勝たなければ!
応援よろしくお願いしますm(__)m
[ 2017/02/07 11:25 ] [ 編集 ]

鍵コメO村様

管理の不手際でお返事が遅れて
大変申し訳ありませんでした。
おっしゃる通り京都地裁です。
ご指摘ありがとうございましたm(__)m
野良猫問題に対する建設的なお考えも
大変勉強になります。
殺処分、野良猫問題は一朝一夕にはいかない
むずかしい現実が山積で心折れる事もありますが
同じ志同志なにかあればご協力よろしくお願いします。
[ 2017/03/05 16:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する