FC2ブログ

2019 031234567891011121314151617181920212223242526272829302019 05





ふたつの現場より


業務連絡です

この件に関してご意見のある会員様は
黒木代表か三宅さんまで連絡
よろしくお願いします

2つの現場から相談の連絡が入りました

黒木代表と三宅さんが
その現場を視察した後
11月24日に「まちねこのいえ」にて
見聞報告とこれからその現場を
どうサポートしていくかについて
数人で話し合いを行いました





現場は2つとも野良猫が数十匹生息し
その中で不妊手術済みの子は数頭のみ
Aの現場での餌やりボラさんは1名
Bの現場での餌やりボラさんは2名との事です




Aの現場は地域住民さんからの餌やりには反対の声や
カラスなどの弊害もあるそうで
問題の根は深いかもしれません



Aの現場の餌やりボラさん自身の
餌のやり方にも少し問題があり
黒木代表からこれからは適切なルールに沿った
餌やりをして頂けるようご本人には伝えて頂きました



現場1




Bの現場は餌やりボラさんの私有地付近で猫達は生活し
餌やりも敷地内で行われているので
今の所地域住民さんからのクレームはありません




2つの現場でのボラさんの共通の思いは
今ある命は守りたいが
もうこれ以上猫は増やしたくないという事です




現場2

 




解決策として情報量の少ない
この2つの現場の餌やりボラさん達に
まず京都市が推進する「まちねこ」制度の説明をし
登録を勧めました



また財団法人「どうぶつ基金」などを利用しての
不妊手術の受け方等をアドバイスさせて頂き
当会として出来る事は協力させて頂く意思がある事を伝えました




野良猫を減らす根本的な解決策は
猫への不妊手術だと思います。


当会としてこの課題は何度も市に要望してきました
不妊手術(飼い猫も含む)の為の助成金を大幅に増やし
殺処分に使われる税金を生かすために使って頂けるよう
これからも粘り強く行政に訴えていきますので
皆様のご協力よろしくお願いします


スポンサーサイト
[ 2015/11/30 ] 活動報告 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する